福岡5歳餓死事件「私は学会やけん」赤堀容疑者はそう言って近づいた

 1200万円の“献上”、我が子の死、そしてママ友からの「洗脳支配」──福岡5歳児餓死事件の深層を探ると、容疑者2人を主従関係で結びつけた“舞台”は人々を救うはずの「信仰の場」だった。「香典は学会に渡…

記事全文を読む

×