郊外の新築マンション市場低迷 デベロッパーが開発に及び腰になる理由

 コロナ禍によってマンション販売はリーマンショック以来の不振に陥っている。今後“在庫処分”の値引き物件も多数出てくると予想されるが、その動きはすでに都心部への通勤圏内である郊外エリアで起きている。住宅…

記事全文を読む

×