平壌〜北京線が4月から再開 高麗航空が1.1億円かけ部品交換

 北朝鮮の国営航空会社である高麗航空が、主力航空機であるロシアのツポレフ型ジェット機の修理のために、昨年1年間で約100万ドル(約1億1000万円)相当の飛行機部品を輸入していたことが明らかになった。…

記事全文を読む

×