「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価―中国紙

2017年10月11日、中国紙・環球時報は、「メード・イン・ジャーマニー」は「高品質」の代名詞であり、「メード・イン・チャイナ」は「パクリ」とされた時代はもはや過去のものになったと伝えている。ドイツメ…

記事全文を読む