『帝国の慰安婦』著者への有罪判決に異議、日米韓の学者ら98人集結=韓国ネットは反発「事実をうそで塗り固めるのが表現の自由なの?」

2017年12月7日、著書『帝国の慰安婦』で元慰安婦らの名誉を傷つけたとして10月の控訴審で有罪判決を受けた韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授を支援しようと、韓国内外の学者らが会を発足…

記事全文を読む