中国の世界遺産で悲劇相次ぐ、名峰から飛び降りる人が続出

2018年9月13日、中国四川省の名峰・峨眉山で、飛び降りる人が相次いでいるとして話題になっている。澎湃新聞網が伝えた。峨眉山は同省の楽山大仏と共に世界複合遺産に登録されており、同省の代表的な観光地の…

記事全文を読む