台湾「武力解放」の可能性、中国報道官は否定せず

中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれは一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べ…

記事全文を読む