韓国の現役裁判官が文政権を痛烈批判「一種の野蛮社会になっている」

2020年8月7日、韓国・文化日報によると、韓国の現役の裁判官が「今日の韓国社会は一種の野蛮社会になっている」とし、憲法的価値が無視されている政界の現状を批判した。記事によると、ソウル高裁のカン・ミン…

記事全文を読む

×