高野連の対策は事実上「無意味」?高校野球・甲子園大会で343人が熱中症に

 21日に終了した第100回全国高等学校野球選手権記念大会の期間中、熱中症・日射病の疑いある人の合計が343人となったことが判明。その異常性が浮き彫りとなっている。 今回の大会では、7月中旬からの異常…

記事全文を読む