チリで発見された極小エイリアンの死体!?「アタカマ・ヒューマノイド」の謎が科学者によって解明される

 チリのアタカマ砂漠で2003年、トレジャーハンターのオスカー・ムーニョ氏は奇妙な赤ちゃんらしき死体を発見した。 それは体長わずか15センチほど、人間そっくりながらも異様に縦に長く伸びる頭と細い体を持…

記事全文を読む