「UFOの目撃情報を真剣に受け止めなければ、制空権を失う」アメリカの政治家らが警告

アメリカ議会は17日、およそ50年ぶりに「UFO現象に関する公聴会」を開催すると発表した。下院情報委員会のテロ対策、防諜、核拡散防止に関する公聴会の中で行われると伝えられている。 事実、アメリカの上院…

記事全文を読む