遠く離れた火星の「生命の痕跡」を探すミッション 第一線で活躍する地質学者

現在、火星ではNASAが主体になって新たなミッションが行われている。その一つが「火星の生命の痕跡や証拠の発見」だ。最新の探査機であるパーシヴィアランスのローバーは数十億年前に隕石の衝突によって形成され…

記事全文を読む