中韓通貨スワップ協定、終了かと思われていたが一転して3年延長へ

 2017年10月10日に中韓通貨スワップ協定は期日を迎え、満期で終了したと見られていたが、一転して中韓両国は3年延長することで合意したという。 中国財政部や中国人民銀行などによる公式の発表は、日本時…

記事全文を読む