まだまだ「日本依存」が多い中国製造業、特に「技術を要する小さな部品」で顕著=中国

 2020年は世界の主要国の経済成長率は軒並みマイナスに転落したが、中国だけ2.3%増と「一人勝ちだった」という。中国経済の柱となるのは、国内総生産(GDP)の4割を占める「製造業」だが、中国メディア…

記事全文を読む

×