日本がもう少しで「共産主義国になりかけた」事件とは=中国

 現在、共産主義国は世界でも数えるほどしかなく、中国はその筆頭に挙がる国だ。日本は戦後、民主主義国の道を歩んできたが、中国メディアの百家号はこのほど、日本は戦後、もう少しで共産主義国になりかけたと紹介…

記事全文を読む