4年間のいじめで追い込まれた児童の悲鳴 教委・学校のずさんな対応も明らかに

教育現場でのいじめが深刻化し、いじめによる自殺も依然としてなくならない。こうした現状に大きな責任があるのは、学校と教育委員会だ。大阪府の小学校で起きたいじめに対して、信じられない対応をしている教育委員…

記事全文を読む