ドイツ代表戦、観客が選手へ人種差別行為? サッカー連盟と警察が調査

 国際親善試合が21日に行われ、ドイツ代表とセルビア代表が対戦。1−1の引き分けに終わった。同試合で、一部の観客席から人種差別行為が見受けられたという。ドイツ誌『kicker』日本語版が22日に報じた…

記事全文を読む