「もう自粛も短縮もしない」東京都の時短要請に怒り心頭の飲食店

東京都は、酒類を提供する飲食店とカラオケ店に、8月3日から31日まで営業時間の短縮を要請した。具体的には午後10時から翌朝5時までは営業を控えろ、その代わり20万円の補償をする、というものである。東京…

記事全文を読む