「61歳ホームレス」から小説家になった男の人生。“社長からの転落”を経て、賞を取るまで

「61歳ホームレス」から小説家になった男の人生。“社長からの転落”を経て、賞を取るまで

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 61歳の時にホームレス状態となった赤松利市氏は、漫画喫茶で小説を書き始めた。
  • その作品が新人賞を受賞し、62歳で小説家としてデビューを果たした。
  • 現在も67歳で小説家として活動を続けており、早寝早起きを心がけ健康な生活を送っているという。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment0