私が障害者専門の風俗嬢になった理由。母親が射精介助するのが“普通”ではいけない

私が障害者専門の風俗嬢になった理由。母親が射精介助するのが“普通”ではいけない

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 障害者専門風係嬢の小西理恵さんは20歳から性風俗の仕事に従事し、障害者の性的ニーズに応える仕事内容を考案した。
  • 重度の知的・肉体的障害を持つ人も初めて女性の体を触れ合う喜びを味わえるサービスを提供し、利用者の8~9割がリピートする人気業種となった。
  • 50歳までは現役として活動を続けたいという小西さんだが、交際は避け「みんなの小西」として利用者の性的ニーズに応える立場を貫いている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment5