羽生結弦は自分に厳しい。ノーミスで首位発進でも「ノーミスじゃない」

スケートカナダ競技初日の男子ショートプログラム(SP)。10番滑走の羽生結弦の最初の4回転サルコウは、前日の公式練習の時より少し力が入っているように見えた。だが、それをきれいに決め、GOE(出来ばえ点…

記事全文を読む