米政府、中国の巨額貿易黒字で“報復関税”発動するか調査へ

 アメリカ政府は12日、巨額の対米貿易黒字を抱える中国に対して通商法301条に基づく報復的な関税措置の発動が妥当かどうかの判断にむけ、調査に乗り出すと表明しました。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し…

記事全文を読む