河野外相「中東情勢悪化」と初めて懸念示す

 アメリカのトランプ大統領が中東のエルサレムを「イスラエルの首都と認定する」と宣言したことについて、河野外務大臣は「中東情勢の悪化や中東和平状況が厳しさを増す懸念がある」と指摘しました。政府として「懸…

記事全文を読む