お盆休みの「1ドル105円割れ」定着に注意が必要

ドル円相場が重要な局面を迎えています。FRB(米連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル議長が「本格的な利下げ局面入り」を否定したことなどを受け、一時は1ドル=109円32銭をつける(8月1日)など…

記事全文を読む