ANAがJALを「貨物特需」で圧倒できた2つの勝因

コロナ禍でどん底を味わうANAとJALにも、実はただ1つ増収の事業がある――。両社の2021年3月期の第3四半期(4〜12月期)決算は、ANAホールディングスが売上高5276億円、日本航空(JAL)が…

記事全文を読む

×