パワハラ騒動の“水かけ姫”大韓航空専務「かけていない」VS警察「顔・眼鏡が濡れたとの証言確保」=韓国

韓国警察が大韓航空の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)専務(34)が広告代理店職員の顔などに向け、飲み物を浴びせたとの陳述を確保した。これに趙専務側はコップを投げたまでで浴びせてはいないとする立場を示し、今…

記事全文を読む