韓国合同参謀本部「北発射の飛翔体、高度30キロ・飛距離230キロ」

韓国の合同参謀本部は16日、北朝鮮が江原道(カンウォンド)・通川付近から日本海(東海)へ向けて発射した未詳の短距離飛翔2発が、最大速度マッハ6.1以上で、飛行距離は約230キロだったと明らかにした。合…

記事全文を読む