支持率ショックに「与党は“ビクビク”」…今月末の「新指導部」に“視線集中”=韓国

韓国では、インチョン(仁川)国際空港公社事態から、故パク・ウォンスン(朴元淳)前ソウル市長の死亡およびセクハラ疑惑、不動産対策をとりまく混乱、与党の立法独走への批判など、次々と発生する悪材料に対する民…

記事全文を読む