北朝鮮で”1億3000万年前の化石”発掘、中生代の鳥類か

北朝鮮が、約1億3000万年前の中生代の化石を発掘したと19日、労働党機関紙「労働新聞」が報じた。労働新聞は、化石が新義州市の白土洞地区で発掘され、金日成総合大学・地質学部の古生物学研究チームが調査と…

記事全文を読む