韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも

韓国南部のキョンサンナムド(慶尚南道)サチョン市の沖合で、32本の足を持つミズダコが発見された。この「不思議なタコ」をめぐり、韓国ネットユーザーらがさまざまな主張を展開する中で、一部のネットユーザーは…

記事全文を読む