ロシアの20代ラッパー、プーチン大統領の「動員令」に極端な選択…「抗議を表現する最後の方法」=韓国報道

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が最近、30万人規模の部分動員令を発表した中、ロシアでラッパーとして活動していた20代の男性が自殺をした。3日、海外メディアによると、“ウォーキー”という名で活動中…

記事全文を読む