違法操業、北のイカ漁船が激減…12月まだ1隻

 日本海の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業を繰り返していた北朝鮮漁船が今月に入ってからほぼ姿を消したことが海上保安庁への取材でわかった。今期のイカ漁が終盤を迎えたためとみられる。一方で、過去最多を…

記事全文を読む