インフラ劣化、衛星で監視…7センチ沈下も検出

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は、河川の堤防や空港、港湾のインフラ(社会基盤)劣化を、国や自治体、企業が地球観測衛星「だいち2号」を使って効率的に監視できるシステムを開発した。一度に広…

記事全文を読む