社屋や工場、個別地点の津波予測…東京海上など開発へ

 東京海上ホールディングスと防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が、巨大地震を想定し、個別の地点ごとに津波に襲われる確率や浸水被害などを予測するシステムを、共同で開発することが分かった。来年度をめどに…

記事全文を読む