鹿児島の離島に「海生ワニ類」、8千万年前の地層から歯の化石…国内2例目

 鹿児島県薩摩川内市は16日、同市の離島・下甑島(しもこしきしま)の約8000万年前(白亜紀後期)の地層から、海に生息していた「海生ワニ類」の歯1本の化石が見つかったと発表した。国内では北海道に次ぐ2…

記事全文を読む

×