【独自】大江戸線運転士の集団感染、「盲点」だった共用洗面所の蛇口

 新型コロナウイルスの感染拡大は、公共交通機関の運行にも影響する。東京では、都営地下鉄大江戸線の運転士が集団で感染し、年末年始の約2週間、間引き運行となった。感染が広がる要因の一つになったとみられるの…

記事全文を読む