iPSから胎盤の細胞、京大研究者ら作製に成功…不妊症の原因解明に

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、胎盤を構成する主な3種類の細胞を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の高島康弘講師(再生医学)らのチームが発表した。不妊症や妊娠高血圧症候群などの原因…

記事全文を読む