京大、奄美群島で生きたサンゴを家とする新種のヤドカリを発見

 京都大学の研究グループは、鹿児島県の奄美群島・加計呂麻島で、生きたサンゴを家として持ち運ぶ新種のヤドカリを発見、これを「スツボサンゴツノヤドカリ」と命名した。【こちらも】環境省、奄美大島の希少動物を…

記事全文を読む