野菜や果物、死亡リスク下げる 9.5万人を20年間追跡調査 国立がん研究センターら

 国立がん研究センター(東京都中央区)と横浜市立大学(神奈川県横浜市)らの研究グループは8日、野菜や果物を摂取すると死亡リスクが低くなるとの研究結果を発表した。20年間、9万5000人の追跡調査を行っ…

記事全文を読む